ジャニーズ

男闘呼組復活の真相「ケンカが絶えない?」メンバーの仲は悪いのか

otokogumi-naritaジャニーズ

【音楽祭動画あり】ジャニーズ事務所に所属していた男闘呼組(おとこぐみ)が、1993年のメンバーによる不祥事での活動休止から29年ぶりに再始動することを発表しました。

不祥事から活動再開までの道のりとメンバーの仲を調べました。

男闘呼組復活の真相は「定かではない不祥事」にあり

男闘呼組復活の真相とは何なのでしょう。一度活動を休止したグループが復活するということは珍しいことです。

1988年にデビューし、1993には活動を休止した4人グループ「男闘呼組」。活動休止の理由は、ベースを担当していた高橋和也さんがジャニーズ事務所をクビになったから。ですが、クビになった原因がはっきりしていませんでした。

男闘呼組としての活動を復活できるほど、解雇理由や活動休止理由があいまいなものだったことが伺えますね。

クビになった一つの原因として挙げられるのが「薬物疑惑」を週刊誌に報じられてしまったことです。潔白なアイドルのイメージを大事にしているジャニーズ事務所としては、早急に対処しなくてはならない問題であったのは確かです。

otokogumi
(写真はイメージです)

また、当時の副社長であったメリー喜多川さんに対する反抗的な態度が原因だったともいわれています。上下関係の厳しい時代のジャニーズ事務所では、目に余る行動もあったのでしょう。

解散当時の新聞によると、高橋さんの目指すものと事務所側の目指すものの違いが大きな理由だったと書かれています。

高橋は自己主張の強い本格志向のミュージシャンで、ジャニーズ事務所の中でも異色の存在だった。アイドル路線を嫌う高橋と事務所が対立し、5月末に契約を解除された。ー関係者の証言(日刊スポーツ新聞より抜粋)

薬物使用疑惑、反抗的な態度ともに、高橋和也さんにとっては身に覚えのないことだそうですが、このことで高橋和也さんが解雇されます。この時に男闘呼組は、活動休止という名の事実上解散となったのです。

男闘呼組解散の時の新聞記事と、ラストアリバム、「ろくでなし」の広告。納得いかなかったのを思い出します。27年前は、高橋一也を心配したものです。

※男闘呼組のベース担当だった時代の高橋さんは「一也」という名前を使っていましたが、脱退されてからは「和也」という名前を使い活動しています。

メンバーの不祥事が原因で活動を休止していたとされる男闘呼組。とはいえ、人気は今でも健在で、メンバー全員がアラフィフ(50代)でありながらハイレベルなルックスを保っています。

まさかや~!超懐かしい 今フルメンバーで見れるとは 骨太で乗りがよくて好きで歌ってたな~
歌声も劣化してないしなんつっても岡本氏の格好つけチャラい弾き方w逆に清々しいww#パズル の歌詞ピッタリやね

劣化のない姿と美声、そしてプラスされた渋さで更に魅力を増しています。

メルカリでもCDの値段が高騰してる!!

さらに、再結成の話題もトレンド入りするほどの人気でCDの価格が高騰!不祥事での活動休止と言われてはいましたが、これだけ再結成を歓迎される50代のグループ男闘呼組。新たなファンも獲得して活躍する姿が目に浮かびます。

活動休止理由があいまいだっただけに、現代になって一方的な解雇や活動休止だったということが分かりグループ復活に至った…ということも十分に考えられます。

男闘呼組メンバーの仲は悪い?「個性のぶつかり合い」

男闘呼組再結成にあたって、メンバー全員がコメントを発表しています。その中では未だにまとまることのないメンバーの個性の強さが語られています。

otokogumi-live
(写真はイメージです)

今日までに沢山のディスカッションやリハーサルを重ねてきましたが、4人それぞれの時間が過ぎ、より強固になった個性は未だにまとまる事がありません。 でもそのぶつかり合いが『男闘呼組』なのだと改めて気付かされました。ー成田昭次(ORICON NEWSより抜粋)

お互いが信頼し合っていてこそ、個性を出しぶつかり合えるもの。仲が悪いことによるすれ違いではなく、ぶつかり合える強固な絆で結ばれている男闘呼組だからこそ、29年もの時を経て公式に再結成となったのです。

「解散」でなく「活動休止」だった理由とは

「解散」ではなく「活動休止」という状態であったことも、男闘呼組の絆の強さを物語っています。

実は高橋さんが脱退する時、事務所側は高橋さん抜きのグループ再編を考えていました。しかし高橋さん抜きの再編には、ほかの3人のメンバーが反対したのです。

つまり、事務所側としては男闘呼組に活動を続けてほしかったが、高橋さん抜きでは活動しないという3人の強い抵抗により「活動続行」と「解散」の間を取って「活動休止」となったわけですね。

ジャニーズ事務所では、高橋抜きの「男闘呼組」再編を考えているが、高橋抜きの再編にほかのメンバーも抵抗を示しており、解散は決定的となった。(日刊スポーツ新聞より抜粋)

上に言われたからといって、自分たちの心を曲げない男闘呼組の絆の強さ。まさに、アイドル路線を嫌うロックなジャニーズですね。

男闘呼組復活は期限付き!

現在の予定では、再結成は期間限定で2023年8月末までとなっています。活動休止当時には「事実上の解散」と突然姿を消した男闘呼組。活動再開の一報が、多くの人に希望を与えたことは間違いありません。

otokogumi-gentei

4人は2019年夏、26年ぶりに集まり、音楽スタジオに入って久しぶりにセッション。お互いの気持ちを確かめ合うなかで、「これまでのファンの方々、リアルタイムで見たことのない人たち、同世代の人たち、この時代を共に生きる人たちに、平和を願い音楽を届けたい」という想いが募ったという。そして、活動を休止から30年、デビュー35年の節目となる2023年8月までの期間限定で再活動することを決意した。(ORICON NEWSより抜粋)

1988年にジャニーズ事務所にからデビューした男闘呼組。成田昭次、高橋和也、岡本健一、前田耕陽の4人組ロックバンドとして「光GENJI」「少年忍者」と一緒に、当時のジャニーズの少年御三家と呼ばれ圧倒的な人気を誇っていました。

29年間の活動休止を経て、メンバーの4人中3人がジャニーズ事務所に所属していないという異例のグループ男闘呼組の再結成。メンバーは、再結成を認めてくれたジャニーズ事務所に感謝しているとのコメントを出しています。

グループ名の使用許可やグループに関わるすべての権利はジャニーズ事務所が持っているということは明白です。それを使うことを認めたジャニーズ事務所の今回の判断に感謝している人は本当に多いです。

男闘呼組復活はやばいよ。成田さんも一緒に復活できたのが本当に。ジャニーズ事務所様様だな。

すっ飛んで帰ってきたら、
男闘呼組、少しだけ見れた

いろいろあったけど…お帰りなさい
それぞれあちこちで見てたけど、
4人揃って歌う姿はほんと嬉しい。

ジャニーズ事務所さん、本当にありがとうございます。
光GENJIと忍者も再結成あるといいな。

1988年のデビューからわずか5年で、しかも人気絶頂期でありながら突然活動を休止した男闘呼組。期限付きとはいえ、グループの再結成という明るい知らせに、これからの男闘呼組の活動がますます楽しみです。

【追記】2022年音楽祭動画

【ジャーニーズ記事】
キンキキッズYouTubeの内容が神「きわどい問題」乗り越え解決

サンドリーヌのアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました