事件

丹下一斗顔は「優しさがにじみ出ていた先輩」ひき逃げ犯が無視した素顔

nakagawa-hikinige事件

愛知県名古屋市で自転車運転中に車にひき逃げされた専門学校生の丹下一斗(たんげかずと)さん(17)。同じく専門学校生である18歳の少年が、ひき逃げ後に出頭し逮捕さました。

ひき逃げされた丹下一斗さんの顔に関わる画像や動画などの情報を調査しました。

丹下一斗さん素顔は「優しい先輩」

YouTubeの公開コメント欄には、丹下一斗さんの中学校時代の後輩からの書き込みもありました。中学時代の後輩がこのようにコメントをし、突然の不幸を悼むほど印象深かった先輩であった丹下一斗さん。

tangekazuto-gakkou

事故現場の一番近くの中学校だと、名古屋市立 一色中学校ですね。こちらの中学校を卒業してから、事件当時は専門学校に通い夢に向かって邁進しているところでした。

issikichuugakkou

hikinige-bike

事故現場には、丹下一斗さんが履いていたものとみられるサンダルが転がっています。コンビニにでもふらっとよるつもりで外に出たのでしょうか。ラフな格好で飾らない優しい少年像が浮かんできます。

狂ったようなスピードを出し、丹下一斗さんを殺害したひき逃げ犯。そんな丹下一斗さんの顔を見る余裕もなかったはずです。

丹下一斗顔「完全によそ見で見ていなかった」加害者少年

丹下一斗さんをひき逃げした加害者少年の車は、自転車とぶつかったとは思えないほどの衝撃を感じさせます。フロントガラスも車体もひどい状態です。

hikinige-nakagawaku
加害者少年が乗っていた車の画像

自転車をひき逃げした車がこのダメージです。自転車相手にこれだけダメージを受けているとは、相当なスピードを出して走っていたはずです。これだけのスピードを出したまま丹下一斗さんをひいた犯人に、顔の確認などできたはずがありません。

車の輝き具合から、まだ新しく買ってもらったばかりという風に見えますね。免許を取ったお祝いで買ってもらったのでしょうか。まだ働いていない専門学校生が、新車のアコードを自分で買うほどの経済力は、常識的に考えるとありません。

この時代のアコードがここまでになるってことは
100㌔以上で走ってたってことか

丹下一斗さんの乗っていた自転車は、もちろん大破。赤信号を無視し、猛スピードで突っ込んできた加害者少年の車につぶされ、見るも無残な姿になっています。

hikinige-bike
被害にあった丹下一斗さんの自転車の写真

丹下一斗ひき逃げ専門学生を特定か!「TEMPLE好き」走り屋バカ

丹下一斗さんひき逃げ現場「事故多い道」

ひき逃げ事件があったのは、中川区下之一色町の国道1号の信号交差点と報道されています。しかし厳密には、一色新町3丁目の交差点です。

こちらが丹下一斗さんのひき逃げされた現場です。見通しの良い広い道路だということが動画からも分かります。ですが動画の0:12を見ても分かる通り、ガードレールが傷だらけです。このことから、この交差点は事故が多いということが見て取れます。

加害者少年のひどい運転に、怒りしかありません。事故当時車には、同乗者が1名いたと報道されています。同乗者とともに逃げたということですから、運転していた専門学生はもちろん、同乗者も丹下一斗さんを見殺しにしたということ。

専門学校の初めての夏休み、友人と大はしゃぎして調子に乗っていたのでしょうか。運転中も浮かれてバカ騒ぎしていたとしか考えられない、あまりにも軽率で非常識すぎる犯行です。

信じられないスピードで自転車の丹下一斗さんにぶつかっていった鉄の塊。「バカ騒ぎで見えなかった」では通用しません。

丹下一斗さんひき逃げ犯の実名報道はあるか

被害者である丹下一斗さんは実名報道され、加害者の少年のプライバシーは守られる…。今回の事件に限らず、未成年の事件ではたとえ凶悪犯罪であっても加害者側は徹底的に守られます。

丹下一斗さんをひき逃げした加害者少年は18歳で道路交通法上は成人。ですが18歳と19歳は「特定少年」とされ、起訴されるまで実名の公表はありません。

shonenhou
出典:産経ニュースより

今回の事件でさらに多くの人が、報道の不公平さや少年法の不条理に心を痛めています。

免許持ってて運転して
ひき逃げ殺人しても18歳って
少年で名前伏せられるものなの?
18歳って成人じゃないの?

 18歳、成人になったけどひき逃げ殺人して報道される時は「少年」表記なのか

道路交通法での成人年齢は18歳に引き上げられたにもかかわらず、危険運転致死で逮捕された18歳の少年の実名報道は起訴後なので闇の中。少年法が改正されてもなお残る、加害者びいき。加害者の人権が必要以上に叫ばれる現状は狂っています。

田中浩一顔はそっけなさ全開「飛び出した小学生が悪い」ひき逃げ正当化

遺族の怒り、精神的苦痛は想像を絶します。被害者の丹下一斗さんの無念を思うと涙が止まりません…。どうか、ひき逃げの厳罰化が進みますよう、そして「少年だから」という、わけの分からない理由で殺人鬼を野放しにしない社会になりますように。

サンドリーヌのアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました