長澤れいな幼児車内放置事件

長澤麗奈インスタ「子供の笑顔があふれてた」届かなかったママへの声

nagasawareina-instagram長澤れいな幼児車内放置事件

神奈川県厚木市の長澤麗奈容疑者が、車内に幼い子どもたち2人を放置し死亡させた事件。インスタグラムが特定され、亡くなった子供たちの顔写真が公開されました。

亡くなった子供たちのInstagram顔画像などから、長沢麗奈容疑者と子供たちの素顔に迫ります。

長澤麗奈生い立ち「愛され女子のれーなたんが?」友人だけが知る素顔

長澤れいな顔画像「悪いママだと思われたくなかった」子どもより彼氏が大事

長澤麗奈Facebookと家族構成「車内放置ママ」は母親譲りか

長澤麗奈のインスタグラム「子供の笑顔があふれてた」

炎天下の中、車内に子供2人を放置して知人男性(彼氏)と会っていたという母親の長澤麗奈容疑者。事件発覚後もウソの供述をし、自分を守るために必死でした。

亡くなった長澤麗奈容疑者の子供たちである、姫梛(ひな)ちゃんと煌翔(こうが)くんの画像が公開されました。長澤麗奈容疑者のInstagram投稿より見つかったものです。

nagasawareina-kodomo
子供たちの画像:長沢容疑者のインスタグラムより

投稿写真が公開されたということなので、長澤麗奈容疑者がインスタのアカウントを持っていることは間違いありません。ですが、「長澤麗奈」「長澤れいな」のInstagram名では、長澤麗奈容疑者のものと判断できるアカウントの存在はありませんでした。

nagasawareina-insta

nagasawareina-insta-hiragana

特定されているTwitterアカウントは「長澤」という苗字が使われているため、Instagramでの名前で「長沢」という苗字を使う確率は低いと思われます。また、インスタアカウントではニックネームを使う人も多いです。

ニックネームでアカウントを作っていたかもしれませんが、Twitterアカウントと同じようにカギをかけている可能性も高いです。

nagasawareina-twitter2

画像:鍵アカ(非公開アカウント)だった、長澤麗奈容疑者のTwitter

熱中症で亡くなった姫梛(ひな)ちゃんは2歳、煌翔(こうが)くんは1歳でした。写真の中の姫梛ちゃんと煌翔くんは、愛らしい笑顔を振りまいていますね。長沢れいな容疑者の長男である煌翔くんは、先月1歳になったばかりでした。

特定された、長澤麗奈容疑者のTwitterプロフィール欄に「2021.7.16 煌翔」という表記が見られることから、煌翔くんは先月の16日に初めての誕生日を迎えたことが分かりますね。

今回の厚木の熱中症事件も
少し前のベビーサークル放置でUSJの事件もそうだけど
ニュースになる子供の名前、毎回凝った名前の子が多いのよね。
キラキラネームというかさ。
名前で判断するのはただの偏見だけど、結構共通してるなとは思う。

公開されたインスタグラム投稿の写真からは、日常のふとした瞬間が収められていることが分かります。インスタ映えを狙っての投稿でなく、普段の何気ない写真を投稿していたのでしょう。

nagasawareina-insta-comment

インスタ子どもでいっぱいなのに放置して殺すとか辛すぎて死ぬ

長沢麗奈のインスタグラム投稿は、子供たちの笑顔の画像であふれていたのでしょうか。Twitterアカウントのプロフィールからも、子ども大好きアピールが強く見られます。アカウントを非公開にしているのは、子供の写真が多いということからかもしれません。

【Twitter特定情報などについてはこちら】
長澤れいな顔画像「悪いママだと思われたくなかった」子どもより彼氏が大事

長澤麗奈容疑者と子供「最後の思い出はプール遊び」

姫梛(ひな)ちゃんと煌翔(こうが)くんを炎天下の車内に放置し、熱中症で死亡させるに至った母親の長澤れいな容疑者。長澤麗奈容疑者の行動は、世間に大きな衝撃を与えました。

nagasawareina
逮捕から一夜明けて現れた母・長澤麗奈容疑者の画像

先月29日、厚木市内の公園の駐車場に止めた車の中で、長澤姫梛ちゃん(2)と弟の煌翔くん(1)が意識を失っているのが見つかり、その後死亡した事件では、市内に住む母親の長澤麗奈容疑者(21)が煌翔くんを車の中に放置した保護責任者遺棄の疑いで逮捕されました。
2人の死因は熱中症とみられ、警察によりますと母親は市内に住む知人の家を訪れた際に1時間ほどにわたって車の中にきょうだいを放置していた疑いがあるということです。(NHK NEWS WEBより)

しかし報道とは裏腹に、近所の住民からは評判が良かった長沢れいな容疑者。事件のあったその日も、近所の人がプールで遊ぶ長澤麗奈容疑者と子供たちを見ていました。近所の人たちの言葉はこちらです。

「普通のお母さん。普通の子育てしているお母さん。(子供は)にこにこしていて、元気でかわいらしくて」

「正直、面倒見が良くて、ちゃんと毎週のように遊んでいた。どっか行く時も子供と一緒に行っているイメージだった」

日テレニュースより引用)

たしかに、日焼けしていることが一目でわかります。日常的に子供と外で遊んでいると、この時期かなり日焼けをしますね。

nagasawareina-kao
画像の長沢麗奈容疑者が日焼けしているのは、子供たちと良く外で遊んでいた証拠でしょうか…

nagasawareina-before-after
画像:長沢麗奈容疑者のビフォーアフター

長沢麗奈容疑者の顔画像。左が現在で、右が高校生時代です。メイクの力もありますが、確かにもともとはもっと白い印象を受けます。

近所の人の証言で「どっか行く時も子供と一緒に行っているイメージだった」ということから、子供は絶対家に放置して外出しない!という気持ちはあったのかもしれませんね。

nagasawareina-kodomo-comment

まだ家において出かけた方がましだったのに
こんな事件が一番許せない
いいお母さんでしたよとか言われてて余計腹立つ

子どもを放置すること自体あるまじき行為ですが、今回ばかりはエアコンをかけた家の中にいた方が、助かる確率としては高かったかもしれませんね・・・。

長澤麗奈容疑者の子供たち「届かなかったママへの声」

「どっか行く時も子供と一緒に行っているイメージだった」母親だったのなら、どうして知人男性と会った時には家まで一緒に連れていかなかったのか疑問が残ります。

長澤麗奈容疑者は、知人男性宅のそばに停めた車の中に姫梛ちゃんと煌翔くんを残して男性に会いに行ってしまいました。

nagasawareina-kuruma
画像:長澤麗奈容疑者が子どもを放置したという車

姫梛ちゃんと煌翔くんはどんなに辛く苦しい思いをしたでしょう。考えるだけで涙が溢れます。さらに、ぐったりした姿の2人を発見しても、すぐに通報せずに自らの保身のために時間をつぶしていた長澤麗奈容疑者。

nagasawareina-porte
長澤麗奈容疑者が、子供を再度放置するのに選んだ「ぼうさいの丘公園」駐車場の画像。

「この時に通報しておけば、助かっていたかもしれない」と考えてしまいます。

nagasawareina-kyori

長澤麗奈容疑者の自宅からぼうさいの丘公園西側第2駐車場までの道のり。ここでどれくらいの間、保身のためのアリバイ作りをしていたのでしょうか。

【長澤麗奈容疑者の自宅と家庭環境について】
長澤麗奈Facebookと家族構成「車内放置ママ」は母親譲りか

助かったかもしれない命の火が、時間の流れの中で消えてしまいました。泣き叫びながら、「ママ、助けて」と、心の中で長沢麗奈容疑者を思っていたでしょう。届かなかったママへの思い…胸が苦しく、切なさがこみ上げてきます。

知人男性には、子供たちの存在を秘密にしていたのでしょうか。男性も、そこまで連れてきていることを知っていれば「子供はどうしたの?」という流れになる気がしますが…。

幼く尊い命のことに考えが及ばないほど、長澤麗奈容疑者と男性は盛り上がってしまったのでしょうか。幼く尊い命のことに考えが及ばないほど、長澤麗奈容疑者と男性は盛り上がってしまったのでしょうか。

男性の家から帰る長澤麗奈容疑者を車まで見送っていたとしたら、一緒に子供の異常に気づいたはず。その時、男性はどのような行動をしたのでしょう。

【追記】男性は「パパ活相手」疑惑

事件当日会っていた男性は、「彼氏だった」という情報が多いですが、彼氏ではなく実は「パパ活相手」だったという情報も入ってきています。

男の方はクルマに子供いること知らなかったらしい 鬼畜シングルマザーだよ。

事件後しばらく経った8月4日の証言で長沢麗奈容疑者自身が、会っていた男性から車内の子供を心配されたと供述していることが分かっています。

「男性から車内の子供を心配されたが、大丈夫だと言って滞在を続けた」(読売新聞オンライン)

長澤麗奈容疑者の証言は、捜査関係者への最初の説明からウソ連発でしたので怪しいものではありますが、知人男性宅のそばで119番通報するのは「迷惑がかかると思った」という点については変わっていません。

彼氏でもパパ活相手でも、どちらにしても血のつながりのない「ただの知人」。その相手に迷惑をかけることなど、血のつながった愛しいはずのわが子の異常に比べれば取るに足らないこと。

自分の子供たちを殺してまで、迷惑をかけたくなかった「知人」なんていないはずです。

【追記】インスタでも祝われた?長澤麗奈容疑者の子供たち

長澤麗奈容疑者に宛てたTwitterコメントには、多くの友人たちから子どもの誕生を祝福するメッセージが残されていました。長澤麗奈容疑者も、Twitterで子供の妊娠や誕生を喜んで報告したことが伺えます。

nagasawareina-insta-message

今度顔見せてね

おめでとう!!!
あんどお疲れ様ぁ

おめでとう
これから育児とか頑張ってね

お祝いメッセージの日付が2020年4月2日となっています。プロフィールにあった姫梛(ひな)ちゃんの誕生日と一致します。長澤麗奈容疑者は、姫梛(ひな)ちゃんを産んだその日に、長女が誕生した喜びを投稿したと考えられます。

nagasawareina-twitter2

ひなちゃんの誕生日が2020年4月2日、こうがくんの誕生日が2021年7月16日であることが分かります。

また、ひなちゃんを妊娠した長沢麗奈容疑者を祝うメッセージも残っていました。

nagasawareina-instagram-comment

おめでとう!!!!
体調管理気を付けて元気な赤ちゃん産んでね
あとメダルあげたい

妊娠経過報告もこまめに投稿していたのでしょう。「愛しいわが子に早く会いたい…」そんな気持ちで日々を過ごしていたことが分かります。

本当ならば、もっとコメントが多かったはずです。ですがこのような長沢麗奈容疑者の事件があり、今も親しくしている友人らは一斉に過去の長澤麗奈容疑者が関係する投稿を削除したと見られます。

アカウント自体を削除している友人や、使っていたアカウントを捨てているものも見られます。しかし、現在連絡を取り合っていない友人の過去のコメントについてはどうすることもできないのが現状…という印象を受けます。

nagasawareina-instagram-suteaka

使われなくなったアカウントはこのように黒塗りにされ「ログアウトしました。」「もう使いません。」などと表記されることも多いです。

こうがくんの妊娠・誕生ももちろん祝われたでしょう。ただ、そのお祝い投稿はさかのぼって削除されたと考えるのが妥当ですね。ひなちゃんは、疎遠になってしまった高校時代の友人からのコメントが残っていると考えられます。

友人の多かった長澤麗奈容疑者。Instagramアカウントでも同じように友人に喜びを報告していたかもしれませんね。

長澤麗奈生い立ち「愛され女子のれーなたんが?」友人だけが知る素顔

Instagram画像から聞こえる「ママ大好きだったよ」

こちらは長沢麗奈容疑者の友人が投稿したTwitter。写っているのは、長沢麗奈容疑者と子供です。2020年に投稿されたものなので、写っている子供は長女の姫梛(ひな)ちゃんです。インスタグラムにも、もっと沢山の思い出写真を載せていたのでしょうか。

nagasawareina-hina
画像:長澤麗奈容疑者と娘のひなちゃん(友人のTwitterより)

子供が小さい時から、こうして外で遊んでいたのでしょう。この姿からは、平和な母子の姿にしか見えません。まさか2年後に、車内に放置して死なせてしまうとは…。

子供は、どんなことをされてもやっぱりお母さんが好きです。

管理人は過去に、ひどい虐待を受けた子どもの施設で働いていたことがあります。「もう帰したらヤバイ」そう思う家庭にでも、帰りたいと思う子は多いのです。成長するにつれ考えは変わりますが、幼い子どもほど、何をされてもお母さんが好き。

どんなに他人が愛情を込めて手の込んだカレーを作っても、お母さんが出してくれたレトルトカレーにはかなわない…そんなこともありました。そして、それが現実なのです。

nagasawareina-kodomo
画像:長沢麗奈容疑者のインスタグラム投稿より

姫梛(ひな)ちゃんと煌翔(こうが)くんの顔写真の笑顔、それは紛れもなく母親の長澤麗奈容疑者に向けられたものなのです。放置は何度もあったでしょう。苦しい思いもしたでしょう…。

それでも母親の長澤麗奈容疑者にすべてをゆだねるしかなかった子供たち。

「それでもお母さんが好きだよ。」姫梛ちゃんと煌翔くんの写真からは、そんな声が聞こえてくるような気がして、複雑な気持ちになります。私たち大人の常識では理解しがたい、できない、したくもないけれど…。そんな悔しい思いでいっぱいです。

長沢麗奈高校は厚木清南高校「うぇ~い!な毎日」から転落のシンママ

長澤れいな顔画像「悪いママだと思われたくなかった」子どもより彼氏が大事

長澤麗奈Facebookと家族構成「車内放置ママ」は母親譲りか

ただただ悲しく、苦しく、辛く、いつも自分の無力さを思い知らされていました。

ただ、育児って、そんなに当たり前にできるもんじゃないことも知っています。寝たい時に寝れず、食べたい時に食べれず、ゆっくりしたいときにゆっくりもできない…。それが無理なら子供を産むなと言われても、「子育ては大変だ」って知ってるだけじゃ全然足りない日々が休みなく押し寄せ八方ふさがり…

特に1歳2歳の乳幼児抱えてのワンオペはヤバいです。

nagasawareina-ikuji

厚木の痛ましい事件、私も一番最初に思ったのが「この21歳のお母さんはワンオペだったんじゃなかろうか…」でした。ツリーに続いてるけど、産後身体ボロボロのまま育児に突入して自分の寝る暇なんてないし「疲れた」「しんどい」なんていってもどうにもならないし、幸せな反面軽く地獄なんだよな…

長澤麗奈容疑者も、地獄の苦しみの中にいるでしょうか…

どうか、このような悲しい事故がもう二度と起こりませんように。心から祈ってやみません。

サンドリーヌのアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました