事件

丹下一斗ひき逃げ専門学生を特定か!「TEMPLE好き」走り屋バカ

nagoyanakagawa-hikinige事件

愛知県名古屋市中川区で、17歳の専門学校生・丹下一斗(たんげかずと)さんがひき逃げされた事件。逮捕されたのは18歳の専門学校生でした。

丹下一斗さんをひき逃げした専門学生を画像や動画などの情報から特定に迫ります。

丹下一斗さんひき逃げ専門学生「免許取りたてホヤホヤ」

ひき逃げ犯人のTwitterから、丹下一斗さんをひき逃げした専門学校生がいかにホヤホヤの運転初心者であったかが分かります。

twitter垢が特定されてたので見てきた

5月中旬に免許取得
5月26日にアコード納車
7月23日に死亡事故

いや~酷い
亡くなられた方のご冥福を…

丹下一斗さんをひき逃げした18歳の専門学生は、5月中旬に免許を取得してその月にすぐアコードに乗っています。約二か月の免許保持の間にアコードを乗り回していたということになります。しかし、免許を取りたてとは思えない加害者少年の車…。

hikinige-nakagawaku
加害者少年の乗っていた車の画像

丹下一斗さんをひき逃げした加害者少年は、相当なスピードを出したまま丹下一斗さんが運転する自転車に突っ込んでいったと思われます。自転車と衝突したとは思えない車のへこみ方。こんなにフロントガラスもバキバキで逃げる神経…。

hikinige-bike

そして、丹下一斗さんの自転車はもちろん滅茶苦茶でした。管理人も、大切な友人をひき逃げで亡くしています。その時友人が乗っていたのも自転車でした。ひき逃げをする人間は、自分がどれだけ危険な乗り物を運転しているかという自覚がないのです。

この専門学生もそうです。気ばかり大きくて、自分は何でもできて偉いような気になっている。周りを見下し、スピードを出して走る自分をカッコいいと思っているのです。そのくせ本当は小心者で、事故を起こしたとたん弱気になり考えられない行動をする…。

ひき逃げは過失致死なんてもんじゃない、殺人です。致命傷を与えたまま逃げていくという見殺しなのです。

特定された事故現場は「危険地帯」

一体どれだけのスピードを出していたのでしょう。事故があった場所は国道1号線の交差点ですので、名古屋走りで有名な名古屋人がいつも以上に速度を上げている危険地帯。

見通しが悪いわけではないのですが、スピードを出して走る車が多いため交通事故が多発しているポイントでもあります。

丹下一斗さんをひき逃げした専門学生は、車に他の人を乗せており1人ではありませんでした。遊びに行った帰りでテンションの高いまま運転していたのでしょう。

もちろん同乗者もひき逃げのほう助、救護義務違反を問われます。同乗者がひき逃げを止めることもなかったとは、同乗者の人格も相当なものです。まさに「類は友を呼ぶ」ですね。ろくでもない者には、ろくでもない友人しか寄ってこないものです。

丹下一斗顔は「優しさがにじみ出ていた先輩」ひき逃げ犯が無視した素顔

ひき逃げ専門学生TEMPLE好き「走り屋バカ」の顔

こちらの動画では、加害者少年の車が初心者マークを付けながらも車のナンバーを曲げて運転していたというヤンチャぶりを確認することができます。

ナンバープレートを曲げて警察から見えにくくしていたということは、免許取得後すぐから、スピード違反する気満々だったということでしょうか。ナンバーが見えたらマズイと自覚していたということですね。そこまで考えられるということは、責任能力は十分あると判断できます。

hikinige-plate

また、加害者少年の車の後ろ側に貼ってある「TEMPLE」のステッカーからも、犯行少年がスピード狂だったことが分かります。このステッカーは、環状線を走る競争型暴走族の伝説チームがブランド化され作られたステッカー。

tenple-sticker

伝説の走り屋チームであり、ブランドになるほど根強いファンがいます。丹下一斗さんをひき逃げした専門学生は、走り屋に憧れていたということが分かります。初心者マークを付けながら暴走していたヒヨッコ運転手。最悪ですね。

スピードを出し暴走することに憧れイキっていた加害者少年の素顔。少年の保護者は、車が人殺しの道具になることも教えてやることができなかったのでしょうか。遊び道具として車を買い与えたと思われてもおかしくありません。

ナンバープレートを曲げていること、走り屋に憧れて危険運転をしていることを知らなかったのでしょうか。何も考えず、殺人マシンを息子に買い与えた罪は重いです。

丹下一斗さんひき逃げ少年専門学校は「中村区」に特定か

丹下一斗さんをひき逃げした加害者少年の通う専門学校は、公式には発表されていません。ですが、加害者少年の専門学校は中村区にあるという複数の情報があります。

おい!中村区の専門生がひき逃げしたって聞いたぞ!!!どういうこっちゃ!

中村区は、事故の起きた中川区の隣に位置しています。名古屋駅や大きな会社や店もたくさんある区。多くの交通機関が通る主要駅があるため、中村区には専門学校も多くあります。名古屋市中村区の専門学校は24校。

  • トライデントデザイン専門学校
  • トライデントコンピュータ専門学校
  • トライデント外国語・ホテル・ブライダル専門学校
  • 名古屋未来工科専門学校
  • 大原トラベル・ホテル・ブライダル専門学校
  • 大原法律公務員専門学校名古屋校
  • 大原簿記情報医療専門学校名古屋校
  • 国際観光専門学校名古屋校
  • 専門学校セントラルトリミングアカデミー
  • 中日美容専門学校
  • 中部看護専門学校
  • 中部リハビリテーション専門学校
  • 東京ITプログラミング&会計専門学校名古屋校
  • 東京法律公務員専門学校名古屋校
  • 名古屋医専
  • 名古屋動物専門学校
  • 名古屋モード学園
  • 名古屋ユマニテク歯科衛生専門学校
  • 名古屋ユマニテク調理製菓専門学校
  • 名古屋理容美容専門学校
  • 専門学校日本聴能言語福祉学院
  • 専門学校日本デザイナー芸術学院
  • 専門学校日本マンガ芸術学院
  • HAL名古屋

hikinige-sennmonn

hikinige-sennmonn

加害者少年の通っている専門学校については、ネット上でも情報が錯綜しています。憶測や誤情報による風評被害を避けるためにも、早い段階で専門学校側から公式に世間に知らせることが出来ることを切に願います。

専門学校側としても、学生がこのような事故を起こしたことで校名が知れ渡ることは迷惑です。管理人も教育機関に勤めていたことがありますので分かりますが、大きな休み前には必ず事故に関しての注意喚起があります。

「学校で出来ることはしている」にもかかわらず、このような事件です。ひき逃げ学生はきっと、学校の話すらまともに聞いていなかったでしょう。本当に迷惑な話です。

サンドリーヌのアンテナ

コメント

タイトルとURLをコピーしました